購入時の補助について

現在、医療用ウィッグは、医療器具としての承認を受けていないため、医療費控除の対象とはなっておりません。また、健康保険に関しても、現在は適用対象外となっているため、購入する際は販売価格のまま購入しなければなりません。が、一部の自治体になりますが、医療用ウィッグを購入される住民に対し、費用の一部を補助、または、手続きによって助成金が受け取れる制度を実施している自治体があることをご存知でしょうか。現在、実施中の自治体に関しては、各自治体のホームページにて、ご確認ください。

診断書また、自治体の補助金、助成金制度がない場合に関してですが、医療用ウィッグを販売するメーカーが行う独自の割引制度があることをご存知でしょうか。国内大手メーカーを中心に、抗がん剤治療等による脱毛の症状で苦しむがん患者を対象に、自社のウィッグを購入する際、割引価格で購入できる制度を設けております。その制度を利用するには、医師の診断書が必要になりますが、購入時、その診断書を提出することによって、割引が適用されるシステムとなっております。割引価格は、メーカーごとに異なりますので、購入前に、メーカーのホームページを確認した上で、購入されることをおすすめします。