試着の必要性

つむじ

おしゃれウィッグと違い、医療用ウィッグは、利用期間が限られております。抗がん剤治療等による治療を終えれば、脱毛の症状は徐々に改善され、髪の毛が生えてきますので、利用期間は長くても1年から2年ほどでしょうか。ですが、女性にとって、脱毛の症状は髪が抜ける怖さに加え、見た目が変わっていくことにもストレスがかかり、辛い日々が続くことは否めません。短い期間だからこそ、ヘアスタイル、カラー、素材、着け心地にこだわった、自信をもって着用できるものを選びましょう。

ちなみに、もっとも重要視する選択肢は着け心地になりますが、それだけで選んではいけません。ウィッグは、通院等の外出する際に着用するものになりますので、顔に似合っている、ヘアスタイルやカラーが自然に見える、生え際やつむじが不自然に見えない等のチェックを十分に行い、ご自身の納得のいく商品を選び、購入することをおすすめします

ただ、納得のいく商品を選ぶには、試着が必要不可欠になります。ネット上の画面、カタログ等を見るだけでは、ヘアスタイル、カラー等は確認できますが、着け心地までは確認できません。現在入院中、もしくは専門店、ショップが近くにない等の場合には、アドバイザーが自宅、病院まで来てくれ、ウィッグの試着、サポートを行うサービスをもつ専門店、ショップを探してみてはいかがでしょうか