購入時の補助について

現在、医療用ウィッグは、医療器具としての承認を受けていないため、医療費控除の対象とはなっておりません。また、健康保険に関しても、現在は適用対象外となっているため、購入する際は販売価格のまま購入しなければなりません。が、一部の自治体になりますが、医療用ウィッグを購入される住民に対し、費用の一部を補助、または、手続きによって助成金が受け取れる制度を実施している自治体があることをご存知でしょうか。現在、実施中の自治体に関しては、各自治体のホームページにて、ご確認ください。

診断書また、自治体の補助金、助成金制度がない場合に関してですが、医療用ウィッグを販売するメーカーが行う独自の割引制度があることをご存知でしょうか。国内大手メーカーを中心に、抗がん剤治療等による脱毛の症状で苦しむがん患者を対象に、自社のウィッグを購入する際、割引価格で購入できる制度を設けております。その制度を利用するには、医師の診断書が必要になりますが、購入時、その診断書を提出することによって、割引が適用されるシステムとなっております。割引価格は、メーカーごとに異なりますので、購入前に、メーカーのホームページを確認した上で、購入されることをおすすめします。

ウィッグの値段

医療用ウィッグは、おしゃれウィッグに比べると、どうしても高額な価格での販売となります。売り切ってしまうおしゃれウィッグと異なり、医療用のウィッグには、サイズ調整ができる、人工頭皮、無料保証サポート等が付いており、アフターフォローも万全な商品が多く、そのため、どうしても高額な価格での販売となってしまうのは、仕方のないことなのかもしれません

お財布現在は、医療用ウィッグも様々なメーカーが製作し販売しておりますが、ひと昔前に比べ、1万円前後の安価な商品も販売される時代となってきております。ただ、あまりにも安価なウィッグを選ぶ際には、注意が必要になります。抗がん剤治療等の治療中は、いつも以上に頭皮が敏感になっております。長く着用することを考えれば、肌に優しいものを選ばなければなりません。ちなみに、既製品では1万円から3万円ほど、セミオーダー、オーダーメイドは3万円から、高額なものであれば、20万円から30万円が相場となっております

但し、高額だからといって、すべての機能、サポート体制が付いているわけではありません。各メーカーが扱う商品、専門店が扱う商品ごとに、各々メリット、デメリットがあります。購入される前は、それらを十分に考慮した上で、購入されることをおすすめします。続いては、購入時の補助について説明します。

試着の必要性

つむじ

おしゃれウィッグと違い、医療用ウィッグは、利用期間が限られております。抗がん剤治療等による治療を終えれば、脱毛の症状は徐々に改善され、髪の毛が生えてきますので、利用期間は長くても1年から2年ほどでしょうか。ですが、女性にとって、脱毛の症状は髪が抜ける怖さに加え、見た目が変わっていくことにもストレスがかかり、辛い日々が続くことは否めません。短い期間だからこそ、ヘアスタイル、カラー、素材、着け心地にこだわった、自信をもって着用できるものを選びましょう。

ちなみに、もっとも重要視する選択肢は着け心地になりますが、それだけで選んではいけません。ウィッグは、通院等の外出する際に着用するものになりますので、顔に似合っている、ヘアスタイルやカラーが自然に見える、生え際やつむじが不自然に見えない等のチェックを十分に行い、ご自身の納得のいく商品を選び、購入することをおすすめします

ただ、納得のいく商品を選ぶには、試着が必要不可欠になります。ネット上の画面、カタログ等を見るだけでは、ヘアスタイル、カラー等は確認できますが、着け心地までは確認できません。現在入院中、もしくは専門店、ショップが近くにない等の場合には、アドバイザーが自宅、病院まで来てくれ、ウィッグの試着、サポートを行うサービスをもつ専門店、ショップを探してみてはいかがでしょうか

ウィッグの選び方

医療用ウィッグは、おしゃれウィッグと違い、好みのヘアスタイルを重視して選んで良いのか、フィット感の良いものが良いのかと考え悩み、不安なまま、試着せずに選んでしまう方も少なくありません。現在は、医療用ウィッグを扱う専門店、ショップが増えており、ヘアスタイルだけでなく、カラー、素材等、種類が増えているために、試着して選ぶということは、購入する上で、もっとも重要なポイントであると言っても過言ではありません。

試着では、試着の方法についてですが、実際に店舗へ足を運び、試着することが大切です。が、入院中、もしくは、店舗へ出向けない場合には、自宅、医療機関へ訪問してくれるサービスを行っている専門店、ショップを選びましょう。また、通販を希望される場合には、試着できる宅配サービスを行っている通販ショップを選びましょう。但し、通販での試着の場合、ほとんどの場合が、1度きりの試着になりますので、ヘアスタイル、カラー、素材、価格等を見比べ、もっとも気に入った商品を選ぶことが大切になります。

ちなみに、選ぶポイントは、着用時の快適さになります。人工頭皮の有無、人工頭皮の素材、通気性、軽さ、ヘアスタイル、カラー、素材、価格等、すべてにおいて、快適な商品を選びましょう。少しでも違和感があり、頭皮に何らかの刺激がある場合には、そのウィッグは快適な商品ではないとのことです。長時間着用することを想像した上で選ぶことをおすすめします。